北海道中小企業家同友会 道北あさひかわ支部

同友会について

同友会 総会

全国に各地に広がる中小企業家のネットワーク

中小企業家同友会は、全国47都道府県に約45,000名の会員が加盟している「よい会社」「よい経営者」「よい経営環境」を作ることを目指した中小企業家の集まりです。一人ひとりの会員が主人公として、知恵と経験を出しあい、本音で謙虚に学びあい、共有することで、得られた知識や経験を経営者としての能力の向上や、自社の経営力強化に役立てています。

知りあい、学びあい、援けあい

私たち中小企業家同友会は、会員の自主性を尊重し、知りあい、学びあい、援けあいを合言葉に、互いを知り、互いに学びあい、そして共に育ち、人や企業、地域の繁栄をめざしています。

  1. merit-link
    知りあい・・・繋がる人と人同友会が行っている活動に参加することで、同じ業種の企業だけでなく、さまざまな業種、さまざまな地域の企業と交流の輪が広がります。
  2. merit-knowledge
    学びあい・・・新しい知識と気づき同友会ではさまざまな講師を招いて行う研修会や勉強会を行うことで、日々新しい知識や方法、そして経験を学ぶ機会を創造しています。
  3. merit-business
    援けあい・・・新しいビジネスとの出会い同友会はさまざまな業種が集まる団体です。異業種との交流によって、新しい機会や商品が生まれることもあります。

同友会の理念

企業にも経営理念があるように、同友会にも同友会が活動の歴史の蓄積の中で培われてきた同友会理念と呼ばれるものがあります。理念とは会の目的、性格、基本となる考え方を総称するものです。同友会での理念は、次の3つの点にあらわすことができます。

  • 同友会は
    三つの目的を
    実践します
  • 自主・民主・
    連帯の精神を
    基本にします
  • 国民や地域と
    共に歩む中小企業
    を目指します

同友会の3つの目的

よい会社をつくる
同友会は、会員の経験と知識を交流して企業の自主的近代化と強靭な経営体質をつくることをめざします。
よい経営者になろう
同友会は、中小企業家が自主的な努力によって、相互に資質を高め、知識を吸収し、これからの経営者に要求される総合的な能力を身につけることをめざします。
よい経営環境をつくろう
同友会は、他の中小企業団体とも提携して、中小企業をとりまく社会・経済・政治的な環境を改善し、中小企業の経営を守り安定させ、日本経済の自主的、平和的な繁栄をめざします。

自主・民主・連帯の精神

自主 会員経営者の自主性の尊重
「自主」とは、二つの意味があります。一つは、同友会は他のいかなるところからも政治的、経済的な干渉や支配を受けないということです。もう一つは、行事への参加や企画、提案については会員の積極的な意志を尊重するということです。つまり、会の主体性を守るということと、会員の自発的参加を基本にするということです。
民主 民主的な本質、論議による運営
「民主」にも、二つの意味があります。一つは、会の運営を会員の要求や意見に基づいて行い、一部の人による独善的な運営とならないようにするということです。もう一つは、民主的なものの見方や考え方を会外にも積極的に広めていく、とりわけ企業内で実践していこうということです。このことによって組織の自浄力は強化され、健全な発展が保障されます。
連帯 あてにして、あてにされる関係の構築
「連帯」は、内では会員同士が同じ目的の実現めざし力をあわせていこうということと、あらゆる階層の人たちと手をとりあっていくという外に向けての協力、団結を進める意味とがあります。特に、会内では会員相互の研さんを通じての深い信頼関係をベースに、高い次元での“あてにしあてにされる関係”が連帯の中身として理解されてきています。

国民と地域と共に歩む

国民や地域と共に歩む中小企業

同友会がめざす「国民や地域と共に歩む中小企業」とは、企業活動で豊かな国民生活の実現に貢献していくものであること。また優れた製品やサービスの創造、提供を通じて人々の暮らしの向上と地域経済の繁栄につくすことです。
同友会はそれぞれの地域において、地域経済の活性化に積極的に提言し、行政機関、経済団体、金融機関、教育・研究機関、市民団体と連携し、地域おこしを共に進め、国民一人ひとりの幸せを大切にする経済社会をつくっていくことをめざしています。

PAGE
TOP