北海道中小企業家同友会 道北あさひかわ支部

お知らせ

旭川の大学を出て旭川で活躍する『すてきな社長3人に聞く』シンポジウム(支部6月例会)が6/8金に開催されます!

- 2018年05月01日

2011年に同友会道北あさひかわ支部(当時は同友会旭川支部)が発端となり始まった、旭川にものづくり大学をつくろうという運動は8年目を迎えました。
このたび、下記内容で開催されるシンポジウムを支部6月例会と位置づけ、地域の未来を考えて参ります。
皆様のご参加をお待ちしております。

**************************************************************
◆日 時 2018年6月8日(金)午後6時30分
◆会 場 旭川市ときわ市民ホール4階多目的ホール
◆参加費 500円
**************************************************************
わが子のため、わが社のため、そしてわがまちのためのシンポジウム
旭川の大学を出て旭川で活躍するすてきな社長3人に聞く
―ほしいのは「もの」と「こと」のデザインが学べる大学だ!―

2017年11月から実施された市民アンケートで、「公立大学の設置に賛成」が56%という結果が得られ、旭川市の新年度予算には1千万円の調査費が盛り込まれました。
いよいよ、旭川大学の公立化を基本とした、「ものづくり系学部を持つ公立大学」の設置が現実味を帯びてきました。一方で日本の大学は、国公立私立にかかわらずより魅力や個性のある教育内容が重視されています。私たちの暮らす道北地域にはどんな大学が必要なのか。
どんな教育が求められているのか。旭川の大学を卒業し、地元で創造的な仕事をしているすてきな社長3人に、自身の歩んできた道や、大学という環境で学ぶことの素晴らしさ、そして、今後つくられるであろう公立大学に期待することなどを、自由に語り合ってもらいます。

【話す人 すてきな三にんぐみ】
佐々木 雄二郎さん(株式会社ササキ工芸 社長、旭川大学経済学部経済学科卒)
秡川 正人さん(株式会社アーキ・ファイブ 社長、北海道東海大学芸術工学部建築学科卒)
大谷 薫さん(デザイントーク有限会社社長、北海道東海大学大学院 生活デザイン専攻修士)

【聞く人】
旭川に公立「ものづくり大学」の開設を目指す市民の会会長
伊藤 友一さん(有限会社デザインピークス 社長)

※ご参加を希望される方はPDF(20180608 6月例会案内(FAX版))を事務局へFAX(0166-29-6664)していただくか、事務局に電話(0166-29-6663)でご連絡下さい。

無題

PAGE
TOP